LEQUIO(レキオ) Raglan One-Piece

セール価格 ¥15,552 通常価格 ¥19,440

沖縄発のリゾートウェアブランド「LEQUIO(レキオ)」。
MADE IN OCCUPIED JAPANコレクションのランナップのひとつ、ツータックワンピースです。

前身と後身はバイアスカットで見た目以上に伸縮性があります。
後ろ身のカットがひし形になって細く見えるシルエットになっています。

素材
身頃:麻100%
袖:レーヨン95%
ポリウレタン5%


サイズ
身幅:49cm
裄丈:22cm
着丈:150cm

※ 身幅:両袖付け下の直線距離 
  着丈:ネックポイントから裾までの直線距離
  裄丈:後ろ身頃の中心から肩を通って祖で口までを計る(ラグランスリーブのもののみ計測します)


カラー:
Black


【LEQUIO MADE IN OCCUPIED JAPAN】
ブランド名の”MADE IN OCCUPIED JAPAN”とは占領下の日本製という意味で太平洋戦争後、1947年からサンフランシスコ講和条約が発効された1952年まで、日本からの輸出品に表記を義務付けられていた言葉から由来します。
MADE IN OCCUPIED JAPANは沖縄生まれのラゲッジブランドです。
沖縄は今でこそ南国の楽園のような場所ですが、太平洋戦争時には激しい地上戦が繰り広げられ、空爆や艦砲射撃によって地形が変わるほど無差別に破壊しつくされました。
終戦後、米軍の統治下に置かれた沖縄では衣食住すべてが不足していました。
しかし彼らはそんな過酷な状況の中でも知恵を絞り、限りある資源で様々なものを生み出しました。
戦闘機の残骸を溶かして鍋を作り、大きなガスタンクをくりぬいて船を造り、配給品の小麦粉袋を帆にして漁に出ました。
生きるために。
私達の製品に使われる米軍放出品のテントや装備品は、極限の使用環境に耐えうる機能や耐久性など、素材としてはとても魅力的なものですが、元々の使用目的や使われていた環境を考えれば負の遺産とも言えます。
しかし、あえてこの素材を使い日常生活に溶け込むデザインや機能を与え、かつての彼らのように、
本来の目的と異なる日用品に作り変える事で”MADE IN OCCUPIED JAPAN”この言葉を平和へのメッセージに変えて伝えて行きます。